読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふと

ふと出会った道端の草花、不思議な場所、ふと手にした興味深い本..。.日常の中のふとしたことを綴ります。

妖春 森の商店街

f:id:tomoppie:20160408014005j:plain

陽春というより妖春という言葉がぴったりと来る山の春。妖しくも綺麗、妖怪や妖精がそこらじゅうにいそうで^^

平家の落ち武者が今も潜む?土佐の山間、横倉山の苔道を抜けて、辿り着いたのは、最近は花桃で有名な、仁淀川町の山里。で、ここまで来たのだから‥とちょっと初めて立ち寄ってみたのが、古くからの友人の実家である“百貨店“があるという旧仁淀村の「森商店街」というところ。これが予想以上の面白さ\(^o^)/

 

f:id:tomoppie:20160408014023j:plain

仁淀ブルーで有名な仁淀川を挟んで、家々のすぐ真上には花桃畑が!!

本当に本当にすぐ上なんです!! 洗濯物干しに上がったら、この風景ってどうよ!(◎_◎;)

f:id:tomoppie:20160408014047j:plain

そして、友人の“百貨店“があるという通りは、なんと、昔懐かしい衣料品店や“百貨店“だらけ!!ちょっと通っただけで3、4軒?

人口は‥おそらく‥という村で。過競争では@@??

も全店のほほんと営業しているのが素晴らしい\(^o^)/

f:id:tomoppie:20160408014106j:plain

 

f:id:tomoppie:20160408014127j:plain

↑↑友人の“百貨店“のいちばんのライバル店と思われる店(個人的にですが、ここだけの話、店の名前(ま、苗字ですが)に受けてしまった^^;)

で、友人のお母様がお一人で営々と営まれるお店はこちらです↓↓

f:id:tomoppie:20160408014145j:plain

お店の名前は敢えて伏せますが、正面はこんな感じ^^ 田舎のお店にしてはセンシティブ^^ すご〜くハイセンスな友人(これはまじめに!!)の原点ここにあり。お声を掛けて、初めて店内の電気を付けてくれたお母様によると、「最近は人が来んで来んで。1日に一人も来ん日もありますぞね」。でも一つ一つのものがレトロでよ〜く見れば、これおしゃれじゃない?って言えるいい物ばかりなんですよね(結局、一つもお買い上げできなかったけど;;)

 

f:id:tomoppie:20160408014210j:plain

↑↑昔ながら〜の糸もすべて揃っています。

↓↓渋い色合いの靴たち。いちばん上の段の真ん中のリボン付きのサンダル?ちょっと買おうかな、と思ってしまった^^ その横のアイボリーのも着るものによってはお洒落〜^^

f:id:tomoppie:20160408014243j:plain

で、ほんとにそんな1日に一人もお客さんが来ない日もあるという「森商店街」なんですが、衣料品や百貨店だけでなく、いろ〜んなお店があるのにびっくり!中でもいちばんびっくりしたのが↓↓仁淀川沿いのこのお店です\(^o^)/

 

f:id:tomoppie:20160408014302j:plain

キャー、なんだかエキゾチック〜^^ インドネシア風のカゴがさりげなく吊るされてあったり。写真左下の白いのは橋桁。すぐ右下は仁淀ブルーなんです(このへんはあんまりブルーではないけど^^;)

 

f:id:tomoppie:20160408014316j:plain

そして、このお店、何屋さんかというと‥上の写真にちょっぴりトレードマークが写っていましたが、正面の写真はこれ↓↓

f:id:tomoppie:20160408014334j:plain

そう、「美髪館」!! 髪結い屋さんだったんですね\(^o^)/

しか〜し!(◎_◎;) このお店のいちばんの不思議なところはと言えば、この写真にも写っている左下の水槽みたいなの!!

f:id:tomoppie:20160408014347j:plain

↑↑このお魚ちゃんたちはまだ可愛い?として(たぶんヤマメとかかなあーー)、その横のこいつたちは↓↓?????

f:id:tomoppie:20160408014401j:plain

うわー!(◎_◎;)

この丸筒の中に大ウナギ??が何匹も><

仁淀ブルー獲れのウナギをここで飼っているのでしょうか?? ああ謎や〜〜今度友人に聞いてみなくては!!

なんといってもこの「美髪館」にはびっくりでしたが、ほかにもなんとも言えない不思議な看板、光景がいっぱい。

f:id:tomoppie:20160408014429j:plain

↑↑名酒「菊水」は知っちゅうけんど、TEL10番って。。

f:id:tomoppie:20160408014443j:plain

↑↑苔水汲み場所。

f:id:tomoppie:20160408014456j:plain

↑↑街の中ほどにはこんな階段も。村人の桜はもう散ってしまったようですね。。

こんな、どこか寂しげ、いや妖しげ?いやとっても受ける?愉快な田舎、お山の「森商店街」にはぜひバスでおいでてくださいね♪♪ なぜかと言うと、こんな素敵なバス停でゆっくりできるからです\(^o^)/(タバコ吸い放題ーー;)↓↓

f:id:tomoppie:20160408014535j:plain

というわけで、実は実はこの日の目的地は、知る人ぞ知る四国カルスト!! 別名、天狗高原と言って、高知とは思えない(途中から愛媛県ですが)四国のてっぺんの高原なんですが。。

なーんと、今の季節、お山のてっぺんはまだほとんど冬;; いつもなら、のんびり草をはんでいる牛たちの姿も見えるはずなんですが、この日はわざわざわざわざ行ったのに、牛っ子一匹、人っ子一人いなかったんですよね。こーんな感じ;;

f:id:tomoppie:20160408014557j:plain

寂しかった;;

でもこの日は山の妖春を十分満喫できたので、大満足。四国カルストにはまたもうちょっと季節が進んだら行ってみようっと^^

#春が来た #妖春 #旧仁淀村 #森の商店街 #仁淀ブルー #ダルマ絹ミシン糸 #美髪館 #大ウナギ #四国カルスト