読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふと

ふと出会った道端の草花、不思議な場所、ふと手にした興味深い本..。.日常の中のふとしたことを綴ります。

魔物が棲む店。

f:id:tomoppie:20160420001843j:plain

 

この店にはきっと魔物が棲んでいる。わたしはそう確信しています。

一度出会ったら、必ずや、とはいかなくともかなり高い確率で人の運命を大きく変えてしまう店。変えられた張本人のわたしが言っているので説得力があります。不思議な魅力を放つ品々はもちろんのことですが、集まってくる人たちのえも言われぬ不思議さは、何回か足を運ぶようになれば分かるでしょう。そして何回も足を運んでしまっているその時点であなたもその仲間入り。知らず知らずのうちに魔物に引き寄せられ、既に、思いもしなかった方向へ人生が転換していき始めているのです。

 

f:id:tomoppie:20160420003059j:plain

 

f:id:tomoppie:20160420003135j:plain

 

f:id:tomoppie:20160420003212j:plain

 

まさに足の踏み場もないその店に迷い込んだ人は、みな、最初は「ふと」前を通ったのがきっかけ、と言います。「ふと」の怖さ、面白さたる所以。「ふと」が人生の始まりであったことに、人はふと気づくのです。

 

f:id:tomoppie:20160420003513j:plain

 

f:id:tomoppie:20160420003600j:plain

 

f:id:tomoppie:20160420003637j:plain

 

棚の奥、押入れの奥にしまい込まれた光輝く愛すべきモノたちに光をあてる「奥光(おっこう)屋」さん。あなたもきっと、ふとその店を見つけるかもしれません。

 

f:id:tomoppie:20160420004126j:plain

 ヒントは上の、おどろおどろしい絵。いつの日か、ここ「おっこう屋」で、ふとあなたにお会いできるのを楽しみにしています。。